チラシ印刷は業者依頼で効率よくお得になります!

紙質や種類を選ぼう

フライヤー

フライヤーやチラシ印刷をする際に使う紙には様々な種類があります。印刷する際にどの紙を使うかも重要な要素になります。紙質により仕上がりのキレイさは大きく変わります。ここではフライヤーやチラシ印刷に最適な紙について見てみましょう。

詳しく見る

各サイズの料金目安

印刷機

フライヤーやチラシ印刷を行う際は用紙サイズによっても料金が変わってきます。ポストカードサイズのフライヤーと一般的なA4サイズのチラシを印刷する場合では大きく料金が異なります。ここでは各サイズごとの料金などについて見ていきましょう。

詳しく見る

素材を活かしたデザイン

チラシ

フライヤーやチラシ印刷をする際のポイントとして素材を活かしたメリットや作り方があります。フライヤーはサイズや紙の種類、そして素材でも質感や仕上がりに大きな影響を与えます。それだけ素材選びも重要になってきます。

詳しく見る

印刷の方法と料金相場

印刷機

フライヤーやチラシ印刷を業者に依頼する際はまず最初に印刷方法を選択していきます。印刷方法にはオフセット印刷とオンデマンド印刷の2つが主にあげられます。オフセット印刷は主に大量のチラシ印刷などを行う際に使われています。方法としては銅で作られた版にインクをセットしてブランケットと呼ばれる転写ローラーにインクを移して紙へ転写するという方法になります。これだと版と紙が直接触れることがないので版の摩耗を軽減して大量に印刷する際も仕上がりがキレイになります。オフセット印刷の場合、フライヤーやチラシ印刷の部数が多くなるほどに格安になるメリットがあります。オンデマンド印刷の場合は必要な分だけの印刷をする際に有効です。オフセット印刷の場合と違い、すぐにデータを取り込んでチラシ印刷などを行うことができます。少量の印刷や早く仕上げたいという人にオススメな方法です。また、フライヤーやチラシ印刷をする場合、紙質や紙の厚さなどでも料金が変わってきます。同じ種類の紙を使う場合でも厚さの連量が60kgの紙と100kgの紙とでは金額にかなり差がでてきます。他にも紙質のいい特殊紙などを使う際も一般のコート紙に比べると値段は大分高くなります。ではフライヤーやチラシ印刷をオフセット印刷で行う場合の相場を見てみましょう。A4サイズでのフライヤーやチラシ印刷を200部印刷する場合だと約2500~3,000円程度が相場になります。ただし、紙質や紙の厚さによっては同じ枚数でも1,000円以上高くなることもあります。