チラシ印刷は業者依頼で効率よくお得になります!

紙質や種類を選ぼう

フライヤー

フライヤーやチラシ印刷をする際に最も重要なのが紙選びです。紙で仕上がりが決まると言っても過言ではないのです。ではまず、一般的に使われている紙の種類について説明していきます。最もよく使われているのがコート紙です。紙の表面がコーティング加工されているため、光の当たる角度によってはキラキラと光って見える特徴の紙です。発色がよくファッション誌や写真、イラストの入ったフライヤーやチラシ印刷をするのに最適です。もう1つコート紙と同じく表面を加工しているマットコート紙があります。マットコート紙の場合はつや消し加工がされているので逆に光の反射を抑えます。コート紙と比べると少し色が暗くなるので鮮明な写真や明るい色を印刷する際には不向きです。ただ、印刷物の色を落ち着かせてくれるので、高級感をだしたい時などに向いています。コーティング加工のされていない上質紙などは一般的なコピー用紙と一緒で、質感がザラザラとしているのが特徴です。写真やイラストなどの印刷には不向きなので、主に文字だけのフライヤーやチラシ印刷に使われることが多いです。他にも古紙をリサイクルして作られた再生紙などがあります。再生紙も品質的には他の用紙に劣らず使うことができます。また、デザインを重視したい時やイベントなどの特別なフライヤーやチラシ印刷をしたい時は、特殊紙などのメーカーが製作している物を使うことも可能です。ただその分だけ用紙は高価にはなります。